マダニが媒介する感染症である 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)についてです。

体調不良の猫に咬まれた後に、SFTSを発症し亡くなった方のニュースが先日発表されました。

・犬や猫からも人間にうつりますか?
・マダニがついたらどうしたらいいですか?

とご心配されている方も多いと思いますので、現時点での情報をお伝えします。

厚生労働省からの通知によると

飼育犬・猫からの人間への感染はまれと考えられる
・室内のみで飼育されている猫はSFTSの心配はない
マダニに咬まれても、かならず感染するわけではない
健康な犬や猫から人間にうつることはないと考えられる

ということです。ただし、

犬や猫もSFTSに感染することがある(国内で犬・猫とも感染例あり)
感染して症状がある動物の血液・体液から人間に感染することは否定できない
(SFTSで具合の悪くなった動物の、糞・尿を含む体液に直接触れた場合)

ということから、過度に心配する必要はありませんが、対策はしっかりしておくべきです。IMG_2147

<対策>
お外に出る子(散歩・トリミング・通院も含む)はマダニの予防をしっかり行う
ペットの健康状態をよく把握し、具合が悪い時はすぐに病院に連れていく
また、自身がマダニに咬まれないよう、散歩時の服装などに気を付けてください。

さらに詳しいことは、厚生労働省の 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A をご参照下さい。

*マダニの駆除・予防薬は動物病院で処方できます。
※市販のものは効き目が充分でないものも多く、完全な予防にはお勧めできません。

*犬や猫にマダニがついていたら動物病院で取ってもらってください。
無理に引っ張って取ると、マダニの頭が皮膚に残ったり、マダニの体液が逆流することがあります。

・春、夏はもちろんですが、秋にもマダニは増えますので、一年間通しての予防が理想です。
・かみついたばかりのマダニの大きさは3mm程度であり、いるかどうか見た目で分からない事もあります。
・マダニはシャンプーやノミ取り首輪では完全に駆除できません。

ホームページに戻る