【重要】猫ちゃんのワクチン接種を予定されている患者様へ

現在猫の5種混合ワクチンが、メーカーでの製造が間に合わず年末まで入荷ができない状態となっています。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

11月、12月にワクチン接種をご予定されている患者様は、接種を延期して2020年1月以降にご来院いただきますようお願い申し上げます。

定期的に接種を受けている猫ちゃんは、1〜2ヶ月程度延期をしても免疫に大きな影響はありませんが、ご心配・ご不明なことがございましたらお電話等で当院にご相談ください。

なお、現時点では4種混合および3種混合のワクチンは入荷が可能です。
3種混合は猫白血病の予防ができないので、今まで5種混合を接種しており年内に追加接種をご希望の場合は4種混合をお勧めします。
(※入荷の関係で5種混合と4種混合は同じ価格となっております。ご了承ください。)

欠品にてご迷惑・ご心配をおかけし、当院としても心苦しい限りではございますが、子猫ちゃんなど早急に免疫が必要と判断された患者様に優先的に接種させていただく場合があること、4種混合・3種混合も今後品薄となる可能性がありますことについても、加えてご理解をいただけますようお願い申し上げます。

<ワクチンの違い>
予防できる病気の種類に違いがあります。

1. 猫ウイルス性鼻気管炎(ヘルペスウイルス感染症)
2. 猫カリシウイルス感染症
3. 猫汎白血球減少症(パルボウイルス感染症)
4. 猫白血病ウイルス感染症
5. 猫クラミジア感染症

5種混合ワクチンでは1〜5の病気の予防ができます。
4種混合は1〜4まで、3種混合は1〜3までの予防となっています。
(各病気の詳しい説明はこちら