ペットを飼われている方で、水害による避難をされている方へ

・ペットと同行避難されている場合

ペットは必ずケージかキャリーケージに入れ、できれば上からシーツ等をかけて目隠しをしてあげましょう。

オシッコやウンチの匂いが周囲の方々の迷惑になりますので、まめにトイレに連れて行き、排泄したらすぐに片付けましょう。抜け毛もこまめに手入れしましょう。

犬はストレスがたまると吠えることが増えます。こまめにお散歩に行くなど気分転換をさせてあげて下さい。

ケージから出すときは必ずリードと首輪をつけてください。

猫は知らない場所ではパニックになりやすいので、ケージから出すのは最低限にしましょう。

フードやペットシーツ等の支援物資も集められていますので、近いうちに避難所に届けられると思います。

 

親戚や友人の方に預けられる場合

お散歩やごはん時間などなるべく普段と同じようにしてもらうと犬のストレスが軽減します。飼い主さんやおうちの匂いのついたものを一緒に持って行きましょう。

 

ご自宅にペットを置いてこられた場合

フードや水の補充、熱中症対策が必要です。ご自身で戻れない場合は知人やボランティアの方にお願いして行ってもらいましょう。

 

☆同行避難や世話が困難な場合、ペットを危険な場所に置いておかなければならない場所は、復旧するまでの間ペットの一時預かりをしてくれるボランティア団体がありますので問い合わせてみて下さい。

 

迷子になってしまった場合

別トピックで対応を詳しく書いてありますのでご参照ください。