こんにちは、暖かかったり寒かったり、花粉が飛んだり、気まぐれなお天気ですね。
体調管理は大丈夫ですか??

さて、facebookにも載せましたが、先日東京に行って猫の行動学のセミナーを聴講してまいりました。
普段車ばかりなので、駅の階段でかるく息切れ…なんと情けない。
こいもちゃん(病院のわんこ。最近むちむちしてきた)、一緒に運動しましょうか…

今回のセミナーでは、猫ちゃんの攻撃行動、夜鳴きに対する行動治療について

アメリカの行動学学会に行かれた先生の、学会のレビューのお話を聞いてきました。
獣医学も海外のほうが進んでいる分野が多いですから、最新の情報ということですね!

その内容を、簡単に紹介したいと思います(^^)

行動治療というと、獣医師でさえまだなじみの少ない分野だと思います。
でも、人間と動物がの生活が近くなっている現在、注目の分野のひとつなのです。

猫ちゃんは
・自由な気質を理解して飼われている
・お散歩や外に連れ出す機会が少ないので、他人に迷惑がかかることは少ない
・病院に連れて行ったり、薬をあげることが難しい子もいる

などの理由で、わんちゃんに比べると問題行動の相談自体が少ないと言われますが、
そのなかでも相談が多いのは

1位:攻撃行動(人間/他の猫に対して)
2位:常同障害(同じ行動を執拗に繰り返す)
それに続いて、異嗜(変なものを食べてしまう癖)、トイレの失敗(排泄に関する問題)、過剰な鳴き声…といったものが多いそうです。

海外ではトイレの失敗が1位だそうですが、日本人はトイレの失敗に関して病院に行ってまで相談する人が少ないようです。
あとは、お外でトイレの子もまだ多いですしね。
もしかしたら日本の猫ちゃんはお行儀が良くておトイレをあまり失敗しない、ということもあるのかしら…?
これは根拠ないです、すみません(笑)

というわけで、今回は一番多い「攻撃行動」についてのお話だったんですね。

猫ちゃんの人に対する攻撃行動のほとんどは、飼い主様に対する攻撃(ひっかく、咬む、とびかかる)です。
猫ちゃんは体こそ小さいものの、身軽であらゆる方向からとびかかることができますし、鋭い爪や歯を持っていますので大怪我をすることも少なくありません。ちょっとした甘噛み程度のものから、かなり深刻なケースまで様々です。

ここで、「行動治療」ってどうやって診察・治療を行うの?ということをさらっとお話しましょう。
行動診療科は、人間でいうと精神科(心療内科も入るかもしれません)みたいなものかなー、と思います。
使うお薬も似ています。
人間は自分の気持ちを話すことができますので、精神科のお医者さんは患者さんの状況や気持ちについて話をよくよく聞いて、診断・治療をしますね。

ところが動物は、自分の気持ちを言葉で伝えることはできません。
そこで行動診療では、飼い主様からよーくよーくお話をお聞きします。
動物の普段の生活や表情、問題行動の様子、飼い主様の家族構成、お家の間取りまでお聞きすることもあります。
そこから、どうしてこの子はそんな行動をしているのかな?
何を感じて、本当はどうしたいと思っているのかな?
もしかして、脳内伝達物質の変化があるのかも?
ということを推測していきます。

そうして原因がわかったら、治療を行います。
人間と同じで、環境の改善や行動療法を行い、問題行動の原因となる感情を生じにくくしてあげます。
補助的に、不安を和らげるお薬を使うこともあります。

と、こんな感じで診療を行います。

では話を戻しますね。
猫ちゃんの攻撃行動も、どうして咬んだり引っかいたりするの?という理由がちゃーんとあります。
その子その子で細かいいきさつは違いますが、大きなくくりでいうと

・怖くて、自分を守るために攻撃してしまっている
・狩猟本能から、獲物を襲うように対象(多くは人間)を攻撃してしまっている

が一番多い2つの理由です。(もちろんほかにも色々あります。)

それを見分けて、さらにその子の性格やおかれた状況から、何をどうしたら解決するのかをご提案し、
飼い主様とご相談しながら二人三脚で一緒に治療を進めていくのが行動診療科獣医師のお仕事です。

どうしてしつけトレーナーではなく、獣医師なのか?
それは、お薬の処方は獣医師でないとできない(法律的に)ということと、もう一つ。
問題行動の原因が精神的なものでなく、体の病気のことがあるからです。
攻撃行動の場合ですと、体の痛みがあって触られると痛くて咬む、ホルモンの病気や高血圧で怒りっぽくなっている、などということも珍しくありません。

そういう体の病気も併せて考えることが必要なので、検査や診断のできる獣医師が行うのがよいとされています。
もちろん動物看護師さんやしつけトレーナーさんと協力することでより良い治療ができます。
わんちゃんに物事を教える&わんちゃんを楽しませる、ことに関しては我々より断然プロですもの!

そして、何より一番の治療者は飼い主様です。
体の病気でも、看護や投薬など、治療における飼い主様の役割はとても大きいです。
行動治療ではさらに、お家の環境を整えたり、接し方を工夫したり…ほとんどの治療はご自宅で飼い主様に実施していただくことが必要です。
大変だけど、その努力と愛情は必ず動物に伝わります!
そして飼い主様と愛猫、愛犬との関係が良くなり、それが治療効果につながります。
ほんとですよ。

さて、脱線が多くてすみません(汗)

今回のセミナーでは、講師の先生が実際の診療の内容を細かく説明していました。
どうやって原因を見極めていくのか、治療プランのいろいろな選択肢、その中からその子と飼い主様に合った方法を提案すること、などなど、新しい発見がありいろいろ勉強になりました。

初めのほうで書いたように、攻撃行動の場合は飼い主様の怪我がいちばんの心配事です。
ですから、何よりまず飼い主様の安全確保を最優先します。
怖くって攻撃してしまう子には、もともと怖がりな性格だったりトラウマがあることがあるので、まずは普段からなるべく不安を感じないような生活環境や接し方、お薬の提案を。それからその子に合った方法で、怖いもの(こと)を克服できるようアプローチします。

狩猟本能から攻撃してしまう子は、猫ちゃん本来の遊び行動が、激しすぎて人間に怪我をさせてしまっているような状態です。
ですから、単純なケースでは本当に、”たっくさん遊んであげる” だけで問題が解決することもあるそうです!
遊びで狩猟本能を満足させてあげるんですね。
いっぱい遊ぶ、を実践しただけで、驚くほどおとなしい猫ちゃんになったりするんだとか(笑)

えー?!って思いますよね。
そんな簡単なことなの?って思いますよね。
それだったら病院に行って相談するほどのことないんじゃ?って。

でも、これもひとつの治療なんですね。
飼い主様が困って、ご相談に来ていただいて、
獣医師は問題行動の原因を探して診断をし、治療法をご提案します。

同じような行動であっても、理由も環境もみんなちがいますので、「どうしたらよくなるのか?」
にたどり着くまでが簡単ではありません。
そこをお手伝いするのが、獣医師やトレーナーさんです。

結果、「遊んであげる」が答えだったとしても。。
そして、ひとくちに「遊ぶ」といっても、猫ちゃん、わんちゃんそれぞれ適切で効果的な遊び方は違います。
飼い主様がとれる時間もまちまちですし、お家の構造、動物の性格、年齢…いろいろ考えたうえでその子に合った「遊び方」のご提案も「専門家による治療プランの提案」というわけです。

というわけで、猫ちゃんの攻撃行動について、行動診療の流れを交えて書かせていただきました!
ちょっとお堅い話になってしまったので、読みにくかったでしょうか、すみません(・・;)

いつもながら文章が長くなってしまいましたので2回に分けようと思います。
夜鳴きの治療について、と学会レビューのお話は、次回!
そちらも面白いお話でしたので、ぜひ読んでください(*^^*)