さて、前回にゃんばー.5 の続きとなります。
新入りちゃんと先住猫ちゃんの上手な会わせ方、慣らし方です。
これは、新入りが犬や他の動物であっても同じです。

まず、拾った猫を連れて帰って、すぐに先住猫ちゃんと会わせるのはNG!です!
その猫ちゃんがウイルス病や猫風邪などの病気や、おなかの寄生虫、ノミなどをもっていると先住猫ちゃんにうつしてしまいます。
まずは隔離し、動物病院に連れて行き、健康診断、病気の検査やワクチンについて獣医師に相談しましょう。

そして、病気の治療をしている間は、新入りちゃんは先住猫ちゃんと別の部屋に、ケージ等の中にいてもらいましょう。
先住猫ちゃんは、新入りちゃんが来たことを気配やにおいで感じ取ります。最初は落ち着かない様子が見られるでしょう。
先住猫ちゃんが興味を示して新入りちゃんの部屋に近づいたり、においのついたものを嗅いでも過剰に反応しなければ、第一段階はクリアです!

過剰に反応というのは、具体的には
・においを嗅いでダッシュで逃げる、隠れる
・シャーシャー言う
・ウー、とうなる
・そわそわしてずっと落ち着かない
等です。
このような反応が見られたら、まだ第二段階には進めません。
もう少し様子を見ましょう。

先住猫ちゃんが、
・においを嗅いでもいつもと変わらない
・興味深そうにくんくん嗅ぐ
・においを嗅いで、納得した様子で立ち去る
・においのするものにスリスリする
・においのするところでもご飯を食べる
といった反応になれば、第二段階に進んでみましょう。

第二段階は、新入りちゃんをケージにいれたまま、先住猫ちゃんが自由に近づけるようにする。
もしくは、新入りちゃんを抱っこして先住猫ちゃんににおいを嗅がせる。
このとき、顔を向けるのではなく、お尻のにおいを嗅がせてあげて下さい。
目をじっと見ることは、猫にとって威嚇行動なのですが、子猫にはまだそのルールがわからないので、顔を向けると先住猫ちゃんが怒ってしまう確率が高いです。

また、”新入りちゃんはケージか抱っこ、先住猫ちゃんは自由” が原則です!
新入りちゃんを自由にしてしまうと、先住猫ちゃんに飛びかかったり追いかけたりと、先住猫ちゃんを怖がらせてしまいます。
先住猫ちゃんも同じ部屋にいれて閉じ込めてしまったりすると、先住猫ちゃんの逃げ場がなくストレスになります。先住猫ちゃんの方をケージにいれるのもおすすめできません。

怖い思いをして、新入りちゃんへの印象が悪くなると、慣れるのに時間がかかってしまうので気をつけてあげましょう(^^)

第二段階で、慣れてきた様子がみられたら、次は見ていられる時間に二匹を自由にしてお部屋に出してみましょう。
このときも、先住猫ちゃんが高いところや別の部屋にいつでも避難できるようにしておきましょう。
多少、威嚇したり軽く猫パンチしたりするくらいであれば様子を見てよいでしょう。
相手が明らかに嫌がっているのに、どちらかがどこまでも追いかけたり、壁際に追い詰めたり、飛びかかって押さえつけたりするようなら、一度引き離して落ち着くのを待って下さい。
どうしても、どちらかがウーウー、シャーシャー言ってしまう場合は、第二段階に戻ってもう少し慣れてから会わせましょう。

と、流れとしてはこんなかんじです!
これでうまくいけば、先住猫ちゃんは自分の生活のペースを守りつつ、子猫ちゃんの相手をしてくれるようになるでしょう。

あとは、どの段階でも使える、慣れさせるための小ワザ、をお話ししますね。

・お互いに、においのついた敷物などを交換する(病気や寄生虫の治療が済んでから)
・お互いが見えるところ(ケージ越し、または戸のすきまから)で食事やオヤツを与える。初めは相手のにおいがするだけでもOK。
・同様に、相手が見えるところで(人間が猫と)遊んであげる
・片方の猫のほっぺたをハンカチ等でぬぐい、そのハンカチでもう一頭の猫のほっぺたをぬぐう。(すりすりフェロモン(猫がお気に入りのものにつける、ほっぺたから分泌されるフェロモン)の交換)
・上記のすりすりフェロモンの製剤を使用(スプレー、お部屋用拡散器があります。動物病院で販売)

これらの小ワザも使っていただくと、より慣れやすくなります。
ただし、無理強いは禁物です。猫ちゃんが嫌がらない範囲で実施して下さいね!

と、大まかにお話ししましたがいかがでしょうか?

猫同士が仲良く毛繕いし合ったり、くっついて寝る姿はとってもほほえましいものですよね(*^^*)時間がかかることもありますが、慣らしてあげた方が多頭飼いのストレスも軽減します。
新入り猫ちゃんと仲良くできないかも・・・とお困りの方は、ぜひやってみて下さいね!!