こんにちは!暑い日が続きますね。
この時期は、猫ちゃんがみょーん、と伸びて寝ている姿がみられます。
余談ですが、我が家では猫が寝るときに、ぎゅうぎゅうに集まっている→一匹で丸まっている→少しゆるんでいるor箱座り→伸びる→ひらく(おなか丸出し)の段階により、季節を感じております。

さて、ここのところ子猫を保護された方の診察がとても多く、スタッフ一同、日々かわいい子猫に癒やされています。
保護時は健康状態のよくない子猫もいますが、元気になってスクスク成長してくれる姿を見るとまた嬉しいですね。
待合室の里親募集のポスターもたくさんです!
例年、子猫シーズンはもう少し早い時期なのですけれど・・・今年は遅めのようです。

保護された方の中には、もともとおうちに猫ちゃんがいて、新たに子猫を迎える、という状況の方も多いです。
また、保護猫ちゃんの里親となって、子猫ちゃんを飼い始める方も多いでしょう。

そのときに多くご相談いただくのが、新入り猫ちゃんと先住猫ちゃんがうまく慣れてくれない・・・

ということです。

そうなんです。
もともと群れで暮らす動物である犬に比べ、猫ちゃんは他の個体と仲良くなることが苦手な子が多いです。

子猫、特に3~4ヶ月くらいまでは警戒心が少ないため、新しい環境に慣れるのにそれほど時間はかかりません。

問題は、先住猫ちゃんが新入りちゃんを受け入れてくれるかどうか、です。
とくに、一匹で大切に飼われてきた猫ちゃんで、年齢が2歳以上の場合。

今まで、家族の愛情を独り占めしてきたところに、急に変な生き物が・・・
・しかも、家族(人間)は新入りのほうばかり構っている。
・いままで自由に行き来できたのに、入れない部屋ができた。
・部屋のにおいが変わって落ち着かない。
・変な生き物が、こっちの心の準備もできていないのに飛びかかってくる(子猫ちゃんは遊びたくてじゃれついているだけ)。
などなど、先住猫ちゃんにとっては急な変化に戸惑ってしまいます。
すぐに受け入れてくれる先輩猫さんは少数派で、たいていは新入りの存在にストレスを感じることが多いようです。

その結果、
・新入り猫に近づかない
・シャーと威嚇する
・食欲が落ちる、下痢や嘔吐
・怒りっぽくなる
・隠れて出てこない
・外出が多くなる(出入り自由の猫の場合)
・膀胱炎になる(頻尿、血尿、粗相などの症状)

といったストレスのサインが見られることがあります。

さて、これは困った!
くっついて仲良くすやすや眠る姿を想像して、お友達猫を迎えたのに・・・
この子たち、仲良くなれないの?!

大丈夫です。次回のコラムで、上手な会わせ方、慣らし方をお話ししますね!