こんにちは。
すっかり暑くなって、わんちゃんのお散歩のために早起きを頑張っていただいている方も多いのではないでしょうか?

暑くなってからのお散歩は、人も犬も熱中症になりやすいので控えてくださいね。
特にわんちゃんは人より地面に近いところを歩きますので、上からの日差しだけでなく照り返しでアツアツになってしまいます。
ダックスちゃんやコーギーちゃんなどは特にです。
夕方のお散歩も、必ず地面を触って温度を確かめてからおでかけ下さい!

暑い部屋や車の中のお留守番は、短時間であっても絶対にさせないように。
犬が熱中症にかかると死亡率は50%、つまり半数の子は命を落とすといわれています。
水分補給と温度管理をしっかりして、熱中症にかからないようにしてあげましょう。
もし万が一、熱中症になってしまったと思われる場合はすぐに病院に連絡して下さい。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は夏の風物詩、すいか、そうめん、海水浴・・・

ではなくて、花火、雷、台風についてのお話です。

花火、雷、火事、おやじ。
おうちのわんちゃんは平気ですか?

大きい音がするため、苦手な子が多いようです。
鳴き続けたり、すみに隠れて震えていたり、家に入れてくれと大騒ぎしたり・・・
雷などは、遠くから雲がくるのを察知して早々と逃げ込む優秀な雷探知犬のお話も良く耳にします。

恐怖のあまり、首輪や鎖を切って逃げてしまい行方不明・・・となることも少なくありません。

こんなに怖がるなんて、かわいそうですよね。
あ、火事、おやじ、ではなく台風でしたね!失礼しました。
もちろんお父さんのことは、みんな大好きです。

さて、気を取り直して、

そこで、この季節になると雷や花火を怖がらなくする方法はないですか?
というご相談をいただくことがちらほらあります。

実は正直なところ、これはけっこう難しいです。

一回「怖いっ」と学習してしまった場合、一朝一夕で克服することは困難です。
では、どう対策したらいいの?あきらめて耐えてもらうしかないの?
ということですが・・・

まず、毎回のように怖がってしまう子は
★短期的な対策:雷、花火が始まる前になるべく音の聞こえにくい部屋に移動する
屋外犬の子は、できればそのときだけおうちの中に入れてあげましょう。
室内犬の子は、なるべく音の聞こえにくい部屋に移動したり、テレビを大きめの音でつけておくと外の音が気になりにくくなります。

注意:怖がって騒ぎはじめてから、家にいれたり、なだめたり抱っこするなどの行為は逆に騒ぐことをエスカレートさせる可能性があります。できるかぎり花火や雷が始まる前にわんちゃんを移動してあげて下さい。

★長期的に取り組める場合:怖い音に慣らす
雷や花火の少ない時期に、音に慣れる練習を行います。

1. まず、おうちのわんちゃんが怖がる音(例:花火の音)を携帯電話などにいれます。Youtubeなどの動画・音源を利用してもよいでしょう。なるべくリアルな音が理想です。
2. わんちゃんが家でリラックスしているときに、その音を聞こえるか聞こえないかくらいのごく小さい音量で再生します。
3. 音を再生しているときに、わんちゃんが平気でいたら、すかさずご褒美をあげます。
もし、不安そうな表情やしぐさが見られたら、いったん練習を中止して何日かしてからさらに小さい音量(難しければ、遠い場所で再生するか携帯を布団等の中にいれて再生する)で同様に行って下さい。
4. 1日1~3回、1週間くらい同じ音量で続けて、平気であればすこーしだけ音量を上げて同様に練習をします。
5. 少しずつ音量を上げて練習をしていきます。1段階音量を上げるごとに1週間ずつ練習して下さい。もし、音量を上げて怖がる様子がみられたら、1段階戻してまた1週間練習してから上げてみて下さい。
毎回かならずご褒美をあげてくださいね!
6. かなり大きな音でも大丈夫になったら、今度は練習の日をすこしずつ空けていきます。1日2回から1回へ、そして1日おき、2日おき・・・一度慣れても、しばらく音を聞かないでいるとまた怖がるようになってしまいますので、たまに音を鳴らしてご褒美をあげる、ということを続けてください。
7. 本物の花火や雷が鳴る前にこの練習で慣れることによって、わんちゃんの恐怖がだいぶ軽減されるはずです。
注意事項として、本物と録音の音の聞き分けができてしまうわんちゃんには効果が出にくいことがある、完全に練習をやめてしまうと元に戻ってしまう、練習した以外の音には効果がみられにくい(例:花火の音で練習→花火は平気になったけど雷は変わらず苦手)ということがあります。

でも、毎年おびえるのはかわいそうだし、なにかしてあげられないかしら・・・
という飼い主様は、ちょっと頑張ってやってみていただけるとよいと思います!

★中期的な対策として、季節の1~2ヶ月ほど前から抗不安薬などを服用するという方法もありますが、これだけで怖がらなくなるということは殆どありません。他の対策と組み合わせて使用すべきものです。処方を希望される場合は必ず動物病院にご相談下さい。

★わんちゃんがまだ子犬で、将来怖がらないように育てたい場合
子犬の時に音に慣れておけば、ある程度の音は平気でいられるように育てる事ができます。
まだ警戒心の少ない3~6ヶ月齢の間に、なるべく色々な音を生活の中で聞くようにしましょう。
車の音、工事の音、電話やインターホン、赤ちゃんや子供の声、犬の吠え声、そして花火や雷、台風の時の音・・・
身近に聞く機会がなければ、しつけ用CDやYoutube音源等を利用しましょう。
そして、音を聞かせたときには必ずご褒美を忘れずに!
インターホン吠え(ダックスちゃん、ポメちゃんなどの小型犬は出やすいです)の予防にもなります。
※吠えている時にご褒美は逆効果になるので、音が鳴っても静かにしている時だけあげてくださいね!

夏の風物詩、苦手なわんちゃん、本当に多いですよね。
脱走などの事故にも、十分気をつけてあげて下さい。
怖くて夢中で走って、気づいたら家がわからないところまで行ってしまい帰れなかったり、交通事故に遭うケースも多いですので・・・

ちなみに、老犬になって耳が遠くなったら怖がらなくなったという話も時々聞きます。
老化と言うとつい憂いてしまいますが、この件に関しては穏やかに過ごせていいんじゃないかなー、と思ったりします(^^)

では、また次回。