お久しぶりです。
春の陽気・・・と思えば寒い日に逆戻り・・・
早く暖かくなるといいなぁ、と思うこの頃です。

さて、前回の「病院嫌いは当たり前?-犬編①-」の続きとなります、今回は実践編です。

にゃん!コラム  にゃんばー.4 「にゃんそうこう③」をお読み頂いた方には、似たような内容の部分もありますが、犬と猫では元々の性質が違いますのでそこを意識してお読みいただくと面白いかもしれません(*^^*)

では、お話を始めますね!

まず、おうちの子が子犬です、という飼い主様はラッキーチャンスです!子犬ちゃんは、まだ警戒心が少なく何にでもすぐ慣れ、物覚えがとても良いです。
ということは、この時期に「病院って良い所〜♫」と覚えてもらえれば、喜んで病院に来てくれるようになるでしょう。

わんちゃんの負担が減るのはもちろん、10年以上、年に数回は必ず通う必要がありますから、嫌がる犬を無理矢理引っぱってくるより飼い主様もラクなはずですよ(^^)

そして成犬になっても同じことです。いま病院が苦手だからといって、諦めることはありません。
むしろ、嫌な印象は繰り返し体験することでどんどん増幅されていきます。
怖い怖い怖い怖い…となっているわんちゃんを見ている飼い主様もつらいですよね。少しでも怖い気持ちを減らしてあげられるといいですね。

では、具体的な対処法についてお話ししますね。
基本的には単純です。

病院に来ると嫌なことばかり(((;゚Д゚))))))) << 病院に来るといいこと沢山 U^ェ^U ♪

これに尽きます!

ですから、車に乗ったらオヤツがもらえる、うんと褒めてもらえる
病院の駐車場でオヤツがもらえる
待合室で、診察室で…
機会は多ければ多いほど、いい印象がつけられます。
お近くの方は、ぜひお散歩で立ち寄ったときに病院の前でご褒美をあげたり、褒めてあげてください♫

ただし、病気の時は悪化させるおそれがあるのでオヤツは食べられません。ワクチンやフィラリアの時だけにしましょう。
待合室では、周りのわんちゃんが欲しがってしまわないようご配慮下さい。
それから、わんちゃんに嫌な思いをさせない工夫として、他にもできることがあります。

・外が見えると怖がる子には、キャリーケージにカバーをかける
・犬が苦手な子(怖がるor興奮してしまう)は、極力他の犬に会わないよう工夫する
・他の犬と目が合わないように、抱っこしたり気を引いておく
(目が合わないように反対を向かせるだけでも効果があります)
・注射や処置のときに、飼い主様が心配そうにしない
「痛いね〜、かわいそうね〜」と言うと、飼い主様の不安が伝わって犬も「僕こんなことされてかわいそうなんだ、助けてー」と思います。
「えらいね〜、すごいな〜!かっこいいな〜!」と褒めちぎってあげると、犬は注射されていても「私いいことしてるんだ!えっへん!」という気分になります。
気の持ちようで、だいぶ違うんです(笑)
私たち病院スタッフも、なるべく怖がらせないよういつも心がけています。

積極的に病院に慣れる練習をしたい!という方は、スタッフにお声掛けください。用事がない時でも病院に来て頂いてスタッフからオヤツをもらったり、しつけ教室(有料となります)という形で病院で遊んだり診察の練習をしたり、と病院に慣らすお手伝いをいたします(*^^*)
特に子犬ちゃんにはパピークラスがおすすめですよ!

今年ももうすぐ狂犬病予防注射&フィラリア予防の時期です。
できそうな事があれば、ぜひ試してみて下さい!