こんにちは。

年の瀬も近づき、仕事納めされた方も多いのではないでしょうか。

当院も、今日から年末年始休診となります。2015年も大変お世話になりました(*^^*)

年末年始お仕事の方もいらっしゃると思いますが、お時間の許す方はぜひ、コタツで猫とぬくぬくした時間を過ごして下さいね。猫を膝に乗せる前に、トイレを済ませておくのを忘れないようにしましょう(笑)

あ、それから、大掃除で窓やドアを開けっぱなしにする時は猫さんがうっかり出て行ってしまわないように厳重注意でお願いします!寒い中迷子で年越しなんてかわいそうですからね(´・_・`)

 

さて、今回はにゃんそうこう③ということで、にゃんそうこうシリーズ・ザ・ファイナルとなります。

なかなか話が進まなかったのでお忘れの方もいらっしゃるかもしれませんが、残りの話題「病院での凶暴化」と「激しいモミモミ」を取り上げますね!

 

では、まずは「激しいモミモミ」から。

…モミモミモミモミ……ゴロゴロ…モミモミ…ゴロゴロ…モミモミ……

抱っこしている時、膝の上にいる時、毛布やベッドの上で。

猫さんはリラックスしていると、ついついモミモミが始まってしまうようです。

 

モミモミとはなんなのか?

 

これは、赤ちゃんの時にお母さん猫のおっぱいを吸う時の仕草です。

赤ちゃん猫は「おっぱい出ろ〜おっぱい出ろ〜」とお母さんをモミモミしながらおっぱいを飲むのです。

想像するだけで可愛いですね〜。

お母さんのおっぱいを飲んでいる時というのは、動物にとって一番幸せで安心する時間ですよね。

成猫になってもその癖が残っている子は、リラックスして気持ち良〜くなった時につい、モミモミしてしまうようです。

夢中でモミモミしているうちにだんだん爪が出てきて、それが人間の膝の上だったりすると、モミ、の度に爪が食い込んで食い込んで…にゃんそうこうの出番となるわけです(笑)

この癖はある子とない子がいます。一説には、子猫の時に母猫から早く離された子に、モミモミ癖が残りやすいと言われています。子猫の時にモミモミし足りないまま成長してしまうのでしょうか。

それから余談ですが、毛布や、自分や他の猫の指先・身体などをちゅっちゅちゅっちゅ吸う子が時々いますね。

これは「ウールサッキング(毛布吸い)」と言い、赤ちゃんの時のおっぱいを吸う仕草の名残です。

これも、母猫から早く離された猫さんで時々見られる行動です。

多少吸うだけなら良いのですが、吸っているうちに毛布をちぎって飲み込んでしまい胃腸に詰まったり、自分や他の猫の身体に吸い傷を作ってしまうこともあるので、癖のある子は気をつけてあげて下さいね。

 

では、お次は「病院での凶暴化」についてです。

お恥ずかしながら、じつは我が家の黒猫、梅吉さんも病院大嫌いで大変です。年に一度ワクチンに行く時は洗濯ネットに入れて、エリザベスカラーをつけてキャリーに入れ、上からバスタオルを掛け、飼い主は革手袋をして臨みます。殆ど触れないので、身体検査もそこそこに注射を打たれて帰ってきます。

お、お家ではいい子なんですよ!!

…さて、獣医の飼い猫もそうなんだから仕方ない…と安心したそこのアナタ!だめですよー、そうならないようにこのコラムがあるんですから。

何より猫ちゃんのために、病院に行くストレスを減らし、ちゃんと身体検査をしてもらって病気を早期発見できるようにしなくっちゃいけません!………病院スタッフのためにも…(._.)

では、「病院での凶暴化」はどうして起こるのでしょうか?

病院では猫ちゃんの嫌いなことが沢山起こります。

知らない場所だし、匂いも音も家と違うし、知らない人に顔を覗き込まれて、

始終「私何されるの〜?!((((;゚Д゚)))))))」という恐怖でいっぱいでしょう。

嫌なところ触られたり押されたり、変なもの(体温計など)突っ込まれたり、抑え込まれて痛いことされます。

あーこわい。

 

そりゃ、危険を感じれば身を守るために反撃しますよね、動物の本能です。

決して、「病院でいい子にしててね」という飼い主さんの教えに反抗しているのではありません。

だって、この超超超恐ろしいイベントがまさか自分の健康のためだなんて、猫さんは分からないですから。

 

でも実は、初めて病院に行った日に触れないほど怒る猫さんは殆どいません。

凶暴化(?)するのは、通ううちに「ここは怖いところだ」と学習するからです。

あれ、ここって確か…前に……えーと怖いとこじゃなかったっけ?…あーなんかそうだったような、そんな気が……嫌な予感…ドキドキ…

ギャー、やっぱり!!

という体験を繰り返せば繰り返すほど、次の通院が大変になっていくのです。

そして怒ってしまう猫さんには、病院スタッフも涙ながらに、涙ながらにですよ、いつもよりしっかり抑えたり、エリザベスカラーを着けたりしなくては必要な処置ができません。処置時間もかかります。

その大がかりな保定(処置がしやすいように動物を抱えたり手足を持つこと)が、より猫さんの恐怖心に繋がってしまうので、悪循環になります。

 

では、そうならないためにはどうしたら良いのでしょう?

何行か前を思い出してみましょう。

実は、初めて病院に行った日に触れないほど怒る猫さんは殆どいません。

これが大ヒントです!

正直なところ、一度病院に悪い印象を持ってしまい、怪獣が火を噴く勢いで怖がり怒ってしまう猫さんを病院好きにするにはかなりの努力が必要です。

ですから、まだ病院の印象が定まっていないうちに「病院は怖いところじゃないよ〜」という印象がつくよう先手を打っておくのです。「むしろ楽しいところよ〜」と印象付けられればより素晴らしいですね!

 

もちろん通院回数が浅いほど、子猫ちゃんほど、性格がおおらかなほど、より効果が出やすいですが、

すでにちょっと病院が苦手な猫さんも、同じ方法で通院のストレスを緩らげることができます。

 

意外と認識されていないことなのですが、猫という動物はとっても警戒心が強い→怖がり です。

自分のテリトリーの外に出ることはとても怖いし、知らない人や犬はもちろん、猫同士だって初対面はすごく警戒するんです。見慣れないものも警戒します。

お家ではお腹出して寝ていて、お客さんにもスリスリするような子でも、テリトリーの外は話が違います。

 

ですから、例えば以下のような状況は猫さんにとって結構嫌だったりします。

・通院時しかキャリーケージを使わない (猫は、突然現れた見知らぬ箱に押し込まれる、と感じる)

・キャリーケージの中から外の景色が見える、外の匂い、音がする

・キャリーケージの中から、他の人や犬、猫さんと目が合う

・怖がって隠れたがる猫をキャリーケージから引っ張り出す

・周りの見渡せる診察台の上に放置

・無理に抑えられ自由を奪われる

 

「子猫の頃は全然平気だったのに、一年ぶりのワクチンに行ったらこの子ったらシャーって!」というのも良くあります。

実はこれは、ごく当たり前のことなのです。

3〜4ヶ月くらいまでの子猫ちゃんは年齢的に警戒心が少なく好奇心旺盛なので、知らない所も平気ですが、成長するにつれ怖がるようになります。

人間もある程度の年齢になると人見知りが始まるように、動物はみな、幼い時に出会うもの(主に家族)は味方として受け入れ、成長し行動範囲が広くなるにつれ、危険を回避するために警戒心が強くなっていくようにできているのです。

いつまでもフレンドリーなままだったら、野生では天敵にまで自分から近づいて行ってしまいますからね((((;゚Д゚)))))))

 

ちなみに、うちの子は病院でも大人しいのよ〜、という場合、2つのパターンがあります。

⑴猫さんが本当に怖がっておらず寛いでいて大人しい (好奇心旺盛でとても大らかな性格)

⑵緊張して固まっているだけ

どちらにしても、大人しいからといって油断していると通院を続けるうちに急に怒ったりすることがあります。

我慢の限界がくるまで、じっと耐える⑵タイプの子は特にです。

 

というわけで!

猫さんを病院にお連れ頂く時は、なるべく病院の印象が悪くならないようにお気遣いいただけると幸いです。

その後の通院が楽になると思いますよ!

 

具体的には

・子猫の時(飼い始め)から病院に連れて行く

・キャリーケージは常に部屋に出しておき、寝床や食事場所にして慣らしておく

・キャリーケージに入れて外出する場合は、外が見えないようにカバー(バスタオル等)をかける

・家の匂いの付いた敷物をキャリーケージに入れる

・お気に入りのおもちゃ、オヤツ等があれば持参し診察室で与える。(与える時は、獣医師に聞いてからあげて下さい。検査の内容によっては与えない方がよい場合があります。)

・診察室では猫は普段より緊張しているので、驚かせないよう優しく扱う

・飼い主さんが優しく声をかけたり、撫でて緊張をほぐす

・診察室での待ち時間に猫が不安そうにしていたら、ケージに入れる(ケージに戻して良いかどうか病院スタッフに聞いてから) か、抱っこするなど猫の身体を包むようにする。猫さんをバスタオルや毛布で包んであげるのも良いです。

・自由にするのが好きな猫さんは、当院の診察室内では自由に歩き回っていても大丈夫です。ただし待合室では絶対に猫さんをケージから出さないで下さい。

・緊張を和らげるフェロモン製剤のスプレーを使用する(フェリウェイという製品で、病院で購入できます)

 

当院では、獣医師や看護師から猫さんにオヤツをあげさせて頂くこともあります(^_^)

お腹を壊しやすい、療法食を食べているなど、オヤツをあげて欲しくない場合は遠慮なく仰って下さい。

緊張していると食べないことも多いですが、匂いを嗅ぐだけでも気が紛れますし、何度か続けていると慣れてきて食べてくれることもあります。

元々怖がりさんな動物なので、わんちゃんのように「病院にくると美味しい物もらえる!イエーイ!」と喜んで来てくれるまでになる子は少ないですが、

「なんか、それほど怖いとこでもないかも。美味しいもの出てくるし」くらいの感じで嫌がらずに通院できたら、猫さん本人もとてもラクだと思います(*^^*)

 

では、次回はきっと2016年になりますね。来年もよろしくお願い致します!