こんにちは、日に日に寒くなってきましたね(>_<) 私はぼちぼち冬眠準備で肥えつつあります…
今回は動物病院への通院が少しでも楽になるような豆知識をお話しできればと思います!

では、まず初めに恒例の(笑)アンケートタイムからいきましょう。
うちの子、動物病院が大好きなんです!
という素晴らしいわんちゃんの飼い主様は手を挙げてください。

さらに、病院で注射や爪切りされてもケロッとしてます!
という天使の心を持つわんちゃんの飼い主様は、五郎丸ポーズをして下さい。

さて、手は挙がりましたでしょうか(^_^)
…あれ、五郎丸選手はあまりいないでしょうか?
え?恥ずかしいだけ?
自信を持ってください、天使のようなわんちゃんも沢山通院してくれています。
ちなみに「五郎丸ポーズ」は今年の流行語大賞候補にノミネートされているそうです。結果発表が楽しみです。

それでは五郎丸できたおうちの子には参考にならないかもしれませんが、うちの子病院が苦手で…という飼い主様が多いと信じて続きを書かせて頂きますね。

わんちゃんに限らず、猫さんも、動物病院が嫌いな子は多いです。
病院に行くよ〜という気配を感じ取った瞬間に、逃げる、隠れる、車やキャリーケージに入りたがらない。
ご機嫌にドライブしてきたのに、病院のドアの前に来た途端サッとUターン、渾身の踏ん張りで敷居をまたがない。
素直に病院に入ってくれても、ずっと出口のドアを見ていたり、診察台でカチコチの置物みたいになったり、プルプル震え通しだったりしませんか?

これって、仕方ないことなのでしょうか??

人間でも病院が好きな人は少ないかもしれませんが、
人間は病院に行く理由や、治療で具合が良くなるという事が分かるので、嫌な治療も我慢する事ができますね。
でも、動物はどうでしょうか。

病院に行く段取りを見てみると
・ママの様子がなんだかおかしい
・慣れない車に乗る (車内、音、スピード、酔う、見慣れぬ景色など)
・知らない場所、ニオイ
・待合室 (知らない人、他の動物)
・診察台に乗る (高い所)
・獣医師や看護師 (知らない人が急に触ってくる、じっと見られる)
・押さえられる、触られる (痛い所を)
・注射など痛い処置
・イヤだからって抵抗するとママに怒られる…

ちょっと自分に置き換えてみて下さい。
犬の状況判断能力は人間の3〜4歳児くらいと言われていますので、3歳の自分がこの状況に置かれたら…と想像してみましょう。

何も知らされずにいきなり絶叫マシンに乗せられ、
不安そうにしている人や、怖い顔で睨んでくる人達の中で待たされ、
個室で知らない人に囲まれ、取り押さえられて身体中触られ、
さらに痛いことをされる、
大好きな家族に助けを求めたら「こら、じっとしなさい!」と…

イヤですね〜、私は絶対イヤです。
次回連れて行かれそうになったら、絶叫マシンの段階で全力で抵抗すると思います(笑)

もちろんその子によって苦手な事や状況は違いますので、みんなに全て当てはまるわけではありません。

でも、嫌いになる要素が盛りだくさんという事はお分かりいただけると思います。
むしろこれで病院好きなわんちゃんは、表彰したいくらい社交的で適応力のある子ということです!
「うちの子が情けない」んじゃありません。病院は、苦手が当たり前なんです。

…いや、ちょっと待ってちょっと待っておにいさん。

苦手が当たり前って結論でいいんですの?

はい、そうですよね、実はここからがメインのお話です。
上記を踏まえて、病院に行く負担を少しでも減らすことはできないのか考えてみましょう!

と、いうことで次回は実践編となります。お楽しみに(*^^*)

image