こんにちは。朝夕が冷えるようになって、服装に迷う季節ですね。

お家のわんちゃんもそろそろ抜け毛が増えてきたのではないでしょうか?

抜けそうな毛が身体についたままだと、蒸れて皮膚病や毛玉の原因になりますので、まめにブラッシングしてあげると良いですよ(^-^)

 

さてさて、今日は迷子札のお話です!

実はですね、先日、ご自宅から迷子になってしまったわんちゃんが当院の迷子札のおかげで無事見つかったという出来事がありました。

その子はシニアのわんちゃんで少し認知機能が弱ってきていたので、お家がわからなくなってしまうのでは、と飼い主様もそれはそれはすごく心配されていました。

当院では、毎年春にフィラリア検査に来てくれたわんちゃんにお名前入りの迷子札をプレゼントしているのですが、その迷子札を付けていたため保護した方から当院に連絡を頂き無事にお家に帰ることができました。

もちろん、飼い主様がすぐに警察と動物指導センターへ連絡し、近所を探し回り、近隣に声をかけたり、ポスターを作って貼ったりと、色々な手だてを打って下さったからこそ早く見つかったことは言うまでもありませんが、

迷子札って本当に大事だなぁ、とスタッフ一同改めて感じた出来事でした。

 

さて、ではここで、

うちのわんこに迷子札、ついてるよーーー!という方は手を挙げて下さい。

あ、もう挙げちゃった?

まだですまだです、ちょっと待ってね。

いいですか?準備オッケー?

 

さて、では、せーーの、「はーい!」

 

素晴らしいですね!

首輪に記名ももちろんオッケーです。

 

迷子札はないけど、鑑札または狂犬病の注射済票ならつけています、という方はどうでしょうか?

はい、せーの、「元気ですかーー!」

あ、違いました、すみません。

鑑札、注射済票も元気ですね。じゃなくて、優秀ですね!

 

マイクロチップが入っているという方もいらっしゃると思います。

ペットショップから来たわんちゃんは、入っている子が多いかと思います(^ ^)

 

実は、「動物の愛護及び管理に関する法律」の第7条第3項に、動物の飼い主はその所有者が分かるような物を動物に装着するよう努めること。ときちんと定められています。

 

また、保護されても飼い主が分からない場合、県の動物指導センターで一定期間情報を公開して飼い主が見つからなければ、処分となることが多いです。「一定期間」は自治体によって違いますが、数日の事が多いですので連絡が行き違えば間に合わない可能性もあります。

 

わんちゃんも猫ちゃんも、ぜひとも身元の分かるものは着けておきたいですね!

 

ではここで、これらのアイテムどれがいいのかなー? ちょっと比べてみたいと思います。

①迷子札 (犬の名字と名前、飼い主様の連絡先を明記)

・付いていることに気づきやすく、見てすぐに身元や連絡先が分かる

・デザインが豊富でオシャレなものも多い

・付け慣れていない小型犬などは、首元でカシャカシャ鳴ると嫌がる子がいる

・迷子になっている間に、迷子札もしくは首輪ごと取れてしまった場合は役に立たない

 

②首輪に直接名前を書く

・迷子札に比べて外れて失くす心配が少ない

・見ればすぐに身元や連絡先が分かる

・擦れたり年月が経つと消えやすい

・かなり近くで見ないと、もしくは首輪を外さないと書いてある事が読めない(人見知りな子や臆病な子には向かないかも)

 

③鑑札または注射済票

・犬に装着することが法律で義務付けられているんです、実は!

・犬の登録、狂犬病予防接種をするともれなく貰える

・最近は市町村ごとにデザインもオシャレになってきている

・平たいプレートなので、首輪に縫い付けることも可能

・登録番号のみの表記なので、番号を問い合わせないと身元が分からない

・首輪から外れたり、文字が消えたり変形することがある(特に外飼いのわんちゃん)

 

④マイクロチップ

・体内に入れるので、落としたり外れる心配がない。一度入れたら一生使える

・番号での登録のため、最初に犬や飼い主の情報を登録しなければならない

・マイクロチップリーダーのある動物病院や指導センターで番号を読み取って、照会しないと身元が分からない(保護した人がすぐに飼い主様に連絡することができない)

・飼い主が変わった場合は登録の変更が必要

※マイクロチップにGPSはついていないので、迷子になった犬の居場所が分かるわけではありません。

保護され、マイクロチップの番号を読み取ってもらえれば、飼い主が誰であるか分かる、というものです。

 

如何でしょうか?それぞれ長所短所がありますので、お家の子に合ったものを選んで着けてあげて下さいね(^ ^)

 

室内飼いだから大丈夫、遠くへ行かないから大丈夫、と思っていませんか?

例えば、お散歩途中に首輪が抜けたら…ドアが開いている時に大きな音がしてパニックになったら…認知症で徘徊が始まったら…家に空き巣が入ったら…

そして、地震や自然災害の混乱で迷子になったら。

実際迷子になるときは、予想もしない状況が殆どです。

いざという時に備えて、普段から着けておきましょう。

理想は、マイクロチップ & 見てすぐ分かる迷子札 です。

発見からすぐに連絡がつく迷子札と、落とす心配のないマイクロチップ、両方ついていれば見つかる確率はぐんと上がりますね。

ちなみに、当院の迷子札はこんな感じ★

imageimage

 

 

 

 

 

病院の連絡先が書いてありますので、迷子になったら当院に連絡頂けるようになっています。

犬の迷子札に個人情報を書くのが気になる飼い主様にもお勧めです!

フィラリア検査をするとお渡しできますので、ぜひご活用下さい。

image

 

 

 

 

 

これで、こいもちゃんも安心だね!

今回はしつけとは少し違う内容になってしまいましたが(^_^;)…次回はちゃんとしつけの話題でいこうと思いますのでお楽しみに!