先週の大雨は大変でしたね。

浸水で被災された方々はまだまだ大変な時期が続くことと思いますが、くれぐれも体調にお気をつけて、一刻も早く元の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

 

さて、そんなことで更新が遅れておりましたコラムを再開致します(^^)

最近、検査の機械の隙間に猫が入ってしまうので、猫ガードを作りました。

image

 

 

 

 

 

突然ですがここで問題です!

検査機械の隙間に入ってしまう、困ったかわいい猫スタッフは誰でしょう??

ヒント: 白黒のあの子です。といえばファンの方には簡単ですね!

image

 

 

 

えっ、誰誰??

 

答えが分からない方は、猫ガードをよーく見てみて下さい。

※写真はクリックすると拡大します。

image

 

 

 

 

 

猫さんは、狭いところが大好きです。静かな所なら尚嬉しいです。
どうしてそこに?という場所にすっぽり収まっていますね。

ダンボール、洗濯かご、藤かご、土鍋、のび太くんちの押入れ、旅行バッグ、下駄箱の下、本棚…
当院の猫スタッフ達も、冬などはダンボールの取り合いです。
かわいいですよね。
ほんと、かわいいですよね。

猫さんは、身体が周りに触れていると安心します。

反対に、慣れない場所でオープンな所は猫さんにとってとても不安です。
わかりやすい例だと、病院の診察室ですね。

image

 

 

 

 

 

当院でも怖がりな猫さんは、問診の後もキャリーに入ってお待ちいただいています。
ふとした隙に自分から荷置き台の下に隠れてしまう子もいます。
これは、少しでも安心な場所に隠れたいからですね。

猫は、元々小動物を狩って暮らしていたというお話は前回もしましたね。

ところが、猫さんは動物のなかでは小型なので、大型の肉食動物に食べられてしまう立場でもあります。
そして狼のように群れを作らないので、誰も危険を教えてくれません。
自分の身は自分で守らなくてはならないのです。

すると、自分の身体がぴったりサイズの狭い所は、大型の動物が入ってこられないので安心な場所というわけです。

ということで、飼い主の皆様にお伝えしたいことが二つあります!

一つ目は、お家で猫さんを飼われる際には必ず隠れる所を提供して頂きたいということです(*^^*)

すでにお気に入りの場所があれば良いですが、できれば各部屋に1〜2個ずつ、あまりうるさくない場所に設置して下さい。
素材や大きさは気分・好みがありますので、お家の猫さんが気にいるものを探してみましょう。
一般的には、身体にゆるくフィットする大きさでフカフカした素材が好きです・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

家具を利用したり、手作りでもいいですし、可愛いデザインのベッド等も沢山市販されています。

お出かけに使うキャリーケージの扉を外して寝床にする、というのもいい手です。普段から入り慣れておくと、病院に行く前に格闘しなくて済みます(笑)し、入り慣れた寝床で移動となり猫のストレスが少ないです。

また、今回の水害のような急な避難の事を考えるとキャリーケージに慣れることはとても役に立ちます。

普段あまり隠れない子でも、寒い日やお客様が来た時などに隠れ場所があると、それだけでストレスが軽減します。
多頭飼いのお家は取り合いにならないよう、多めに用意してあげて下さいね!
猫同士の諍いが起きる家庭は、ごはんと寝床とトイレのいずれかが足りない場合が多いそうです。

おトイレで寝てしまう猫さんは、他に気にいる寝床がないために仕方なくトイレで…という場合が殆どですので、快適な寝床を用意してあげて下さい。

そして二つ目です。
病院など慣れない場所に来た時は、なるべく猫さんをオープンな状態におかないことです。
なるべくキャリーケージに入れておく。
診察室でキャリーから出した時も、待ち時間はバスタオルでくるんであげたり、飼い主様の身体にくっつけるようにしてあげると、猫さんの不安が少し軽減します。
上半分が開くタイプのキャリーなら、上だけ開けた状態でも良いでしょう。

image

 

 

 

 

 

周りが見えると余計に緊張するので、視界を遮るように顔周りを撫でてあげるのも良いですね。

大人しくしているからうちの子は大丈夫、と思われるかもしれませんが、猫さんは基本的に怖がりです。よほど病院慣れした子か大らかな性格でない限り、自宅以外の場所では不安でいっぱいなはずです。少しでも通院の負担を和らげてあげられるといいですね。

もちろん、体重測定や診察の際は全身を出していただく必要があるので、スタッフから指示があった場合はご協力下さいね。

いかがでしたか?猫さんのために今日からできること、見つかりましたでしょうか(^^) また次回、役に立つお話を用意したいと思いますのでお楽しみに!

※イラスト内の関西弁は正確でない可能性がありますがご容赦下さいฅ(´・ω・`)ゴメンにゃ