こんにちは。台風の影響か、急に涼しくなりましたね。

にょーんと伸びて寝ていた我が家の猫さん達も、昨晩はころころ丸まっていました。
さて、先日お土産で

な、

なな、

なんと…!

「ニャシュマロ」と「にゃんそうこう」を頂きました!!
ん〜、かわいいっ♡♡

imageimageimage

 

 

 

 

 

「ニャシュマロ」はぜんぶ毛色が違うし、「にゃんそうこう」は薬袋まで付いているというこだわりの逸品。すばらしい!

 

さて、「にゃんそうこう」とその薬袋を見てみると、猫ちゃんと暮らしている方ならついつい頷く”猫あるある” に思わずニヤリです。

うちの子はコレ良くやります!っていうの、一つはあるのではないでしょうか。

例えば、薬袋に書いてある「突然のガブリッ」。
猫さんが寝ているそばを通ったら、急に足にしがみついてきてガブリッ!…ありますよね〜。オマケの蹴り蹴りがついてくることも(笑)
それから、撫でてと言うから撫でてあげていたら、ゴキゲンだったのに急にガブリッ!これもあるんじゃないでしょうか。

「病院での凶暴化」…病院スタッフはいつも申し訳ない気持ちでいっぱいです。。

「激しいモミモミ」。膝の上で猫さんがトローンとしながらモミモミ、モミモミ…モミモミ……

…あの…お寛ぎの所すみませんが、つ、爪が出てます(T ^ T)。これもありますね〜。

 

そして大抵は悪気はないので、絆創膏の絵のようにしれっと「私がやりました が、何か?」となります。

「名誉の負傷…にゃ。」の猫さんなんて、箱座りしていますね。香箱座りともいいますが、前足を身体の下に入れて座るこの姿勢はリラックスの体勢なので、反省の色はなさそうです(笑)。

ちなみに香箱座りは、昔使われていた香箱(香木・薫香料を収納する蓋付きの箱)の形に似ているからこの呼び方が付き、英語では焼きたての食パンに見立てて catloaf (ネコ食パン) というそうです。猫に特有で、ライオンやトラなど大型のネコ科動物にはできないんだそうですよ。面白いですね。

これが香箱です↓

image image

 

 

 

 

さて話が少し逸れましたが、なんで猫さんは急にガブリッとするのでしょうか?
これはいくつかのパターンがありますが、そばを通った時に足に咬みつくのは、多くはいわゆる「狩猟本能の目覚め」ですね。薬袋にこの項目もありますね!
猫さんは元々ネズミや小鳥などの小動物を狩って暮らしていた動物ですので、強い狩猟本能があります。
その上、猫の眼は人間と少し違って、視力はあまり良くない代わりに動くものを捉える能力が発達しています。ですから動かないものはボンヤリしか見えないけれど、動くものにはすぐ反応できるのです。

その結果、急に視界に飛び込んできたご主人様の足は格好の獲物というわけですね!

やられないためには、ごろんとくつろぐ猫の近くを通らない。

もしくは、時間があればおもちゃで遊んで狩猟本能を満足させてあげて下さい。
咬みついてきたからといって、決して叱ったり、思わず蹴飛ばすなんてことはしないで下さいね。
猫さんにとって咬みつくのは反射的な行動なので、叱られてもやめることは難しいです。

むしろ叱られることで恐怖からパニックになり余計に攻撃したり、怯えて飼い主様を怖がるようになる子もいます。
ここは人間が一歩譲って平和的解決を目指しましょう(^^)

長くなってきたので、続きの “撫で撫で中のガブリッ!” と “病院での凶暴化”、”モミモミ” については次回に書かせて頂きます。
気になる方は、ぜひ次回も読んで下さいね(=・ω・=)!