つい、書き物が長くなってしまいがちな平沼です。

だって、分かりやすく伝えたいし、中途半端に書いて誤解を呼ぶとよくないし・・・
なーんて言い訳をしながら、当シリーズPART3へ突入です。

長らくお付き合いいただきありがとうございます(^-^;)

 

さて、PART2からの続きになります☆

体の病気から行動が変化することだってあります、というお話。

 

しつけや性格の問題だと思っていたら、体の不調だった・・・PART2では人間の例を出しましたので、次はわんちゃんの例です。
実際に多いパターンをいくつか挙げますね!

例1. 急に怒り出し咬みつく犬。実はてんかんの病気ということがあります。てんかん発作の症状はけいれんだけではありません。発作の症状として「唸る吠える咬む」行動が出るため、犬は無意識で咬んでしまいます。

例2.触ろうとすると咬む犬。体に痛みがあり触られるのが嫌な場合や、目の病気で知らない間に失明しており、急に触られるとびっくりして咬んでいた、というケースもあります。

例3. 今までトイレでできていた排尿を失敗するようになった犬。腎臓病やホルモンの病気など、おしっこの量が増える病気でトイレに間に合わないケースや、膀胱炎や尿結石など頻尿の症状が出る病気が原因のことがあります。

こんな状況と分かっていれば、しつけ教室ではなく動物病院に連れていきますよね?

 

ただ、こういった原因を判別するのはとても難しいです!!

普通なかなか分かりません。。

 

そこで、行動診療科の獣医師の出番です!

行動診療科とは、人間でいう精神科・心療内科の分野です。

動物は言葉で自分の気持ちや体調を伝えられないので、「行動」からそれを推測して診察するため、「行動診療科」と呼んでいます。

いままでのお話でお分かりいただけたと思いますが、単純に「こころの病気」だけを扱うわけではありません。

 

飼い主様が動物の行動を見て「あれ?おかしいな、困ったな」と思ったら、そこから診療が始まります。

 

・病気かな、病気ではないのかな(病気でない場合、例えば運動が足りていない、ご飯が合っていない、なんてこともあります。でも飼い主様が負い目を感じる必要はありません。ペットに関する世の中の情報は混雑していますし、その子に合った生活はマニュアル通りとは限りませんので)

・体の病気かな?(血液検査などをやることもあります。)

・じゃあ、心の病気かな?(動物にもきちんと名前のついた病気がいろいろあります。)

こうして、なんだか分からない行動を分析・診断して治療に結び付けることも、行動診療科獣医師の仕事なのです。

ちなみに私個人の感覚でいうと、トレーナーさんは、しつけトレーニングに関しては「学校の先生」、獣医師とタッグを組んで行う問題行動治療に関しては「作業/心理療法士」的な役割を担っていただいていると思っています。

ただ、行動診療を行っている獣医師は日本ではまだ少なく、トレーナーさんや獣医師さえ、その存在と役割をあまり知らない方もいらっしゃいます。

ですから、もしかしたらかかりつけの獣医さんに行動の相談をしたけど、納得する回答がもらえなかった。獣医師にトレーナーさんを紹介されて行ってみたけどトレーニングでの改善は難しいと言われた。ということがあるかもしれません。

もしそんな飼い主様がいらしたら、こちらのサイトに全国の行動診療を行っている獣医師のリストがありますので、参考にしてみて下さい。専門医や認定医の先生方もいらっしゃいます。もちろん、当院へのご相談も歓迎です(^^)
日本獣医動物行動研究会 認定医紹介のページ

 

では、また次回のコラムでお会いししましょう!(いつになるやら(笑))