さて、前回の続きです(=^・^=)
前回をまだお読みでない方はこちら → にゃんばー8.ねこのオモチャ①

では、さっそく猫ちゃんが大好きなオモチャを見ていきましょう。

・・・といきたいところですが、先に大切なことを。

オモチャで遊ぶ際の注意点、お伝えしなくてはなりませぬ!

【オモチャの注意点】

⑴猫ちゃんもわんちゃんも、同じオモチャはすぐに飽きてしまいます。

楽しく遊んでもらうためには、

・オモチャは何種類か用意して、日替わりで与えましょう♪
・長時間遊ぶより、短時間の遊びを複数回が理想です。
・置きっぱなしにせず、遊び終わったら片付けておきましょう!
・飽きたオモチャはしばらくしまっておいて、数か月位してからまた与えると新鮮に喜びます(笑)
・食べ物を入れるオモチャをうまく活用しましょう☆

ひも状のもの(リボン、糸、長いゴム等)、小さいオモチャ(ネズミのオモチャ、ボタン、鈴など)は飲み込むと非常に危険です(命にかかわる事故になります)。見ている時以外は与えないでください。
大きいオモチャでも、バラバラにして部品や破片、中綿を飲み込んでしまうことがあります。
オモチャの状態はまめにチェックして下さいね!

 

さてさて、注意事項はオッケーでしょうか?

やっとオモチャ紹介にたどり着きました~♪

ご存知の物もあると思いますが、遊び方のコツなどもお読み頂きつつお付き合いください。
オモチャは好みがありますので、おうちの子が気に入るものを見つけるのが大事です(^-^)

まず、一般的なオモチャから。

写真が綺麗じゃなくてすみません。。

じゃ~ん!王道!ねこじゃらし!!

IMG_6871

 

 

 

 

 

 

定番のタイプも良いですが、人気の素材は
・鳥を連想させる羽つきのもの
・セロファンなど、光をきらきら反射するもの
・鈴入りや、カシャカシャという音のなるもの

遊び方のコツ:小動物を連想させるように動かす。
素早く動いたと思ったら、一瞬止まって、そろーりと動いて、隠れてまた出てきて・・・床を這わせて、時には宙に飛ばせたり壁を登らせてみて。猫ちゃんの周りをぐるぐる走らせるように動かすのもGOODです。

不規則な動きが猫にとっては魅力的です。

そうなのです。

猫は

死んだ獲物には興味はないのです。

生きている獲物を捕るのが「狩り」です。

また、猫の眼は動くものほど良く見えるようになっています。

なので、どんなオモチャも動かさないと、なかなか遊んでくれません(笑)

規則的な動きも飽きるので、ただ揺らしているだけではイマイチです。

活発な猫ちゃんには、猫じゃらしで誘ってキャットタワーを登ったり下りたりさせるのもいい運動ですね。

また、紙や布の下に隠して動かすとまた興味深々です。

「狩り」ごっこなので、”まったく捕まえられない”と飽きてしまう子が多いです。
「捕まりそうで捕まらない・・・」が楽しいのですが、
ときどき「つっかまえたー!!イエーイ」という体験をさせてあげましょう!

そして、ねこじゃらしは消耗品。ですよね??

そこで、壊れた時のリメイク法を。

なんとなくとってあった包装のリボンなどを、適当な長さに切って何本かまとめて結びます。
むすんだ部分を、手芸ゴムやひも等で棒につなげるだけ!しっかりと固定しましょう。

IMG_6875

 

 

 

 

 

 

 

簡単です(^-^)

先の部分は、チアリーダーのポンポンを作るみたいに、ビニールひもをさいて作ったものも猫に人気です。
ビニールひもは切れやすいので、誤食には注意して下さいね。

 

お次は、これも定番のボール&ネズミのオモチャです。

IMG_6872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材が色々なので各猫ちゃんの好みのものを。

上に投げたり転がしたり、バウンドさせたり…変化をつけて投げましょう。
取ってきてくれるお利口な猫ちゃんもいます。
当院猫スタッフのしましまも得意です♪

可愛くて何度でも投げてあげたくなりますね!

鈴入りなど、音のするものの方が興味を引きます。
また、後述の穴あきBOXや紙袋に入れても楽しんでくれますよ☆

※ボールの中の鈴やネズミのオモチャは誤食事故が非常に多い商品です。
与えている時は決して目を離さないようにして下さい。
噛み噛みして変形してきたら処分して下さい。

♪手作りボール♪
超かんたん!!
広告紙やアルミホイルを丸めるだけ!
カシャカシャ音がして楽しい!
広がってきてしまう場合は、少しテープで補強しましょう。

オモチャ紹介、まだまだ続きますよ~、続きはにゃんばー10.ねこのオモチャ③で!
我が家(平沼家)の猫たちも登場します♡(親バカ)