今回は、犬・猫共通テーマです!
新企画!イエーイ!・・・(笑)

さて、気を取り直して。
おうちのわんちゃん・猫ちゃんは、我が家に来るまでどんな暮らしをしていたか、ご存知ですか?

いろいろな子がいると思います。

ペットショップで購入した子、ブリーダーから購入した子、保護した子、譲り受けた子・・・

みーんな、幸せなことに、大切に可愛がってくれる家族のもとにやってきましたね(*^^*)

実は幼少期の環境は、おとなになってからの性格に大きな影響を与えます。

今回は、そのお話を書いてみますね。

犬や猫は、産まれて約1ヶ月は母乳のみで育ちます。その後少しずつ離乳して、1ヶ月半くらいで母乳を卒業します。(甘えんぼさんは、2ヶ月、3ヶ月経ってもおっぱいを飲んでいたりします(笑))

1ヵ月過ぎくらいから、お母さんや兄弟相手に遊ぶようになります。

この時間はとっても大切で、お母さんに充分甘え、安心することが安定した心をつくります。
お母さんや兄弟、他の個体と遊ぶことでコミュニケーションのしかた(犬語・猫語)を学びます。

したがって、少なくとも2ヶ月は親兄弟と一緒にいることが理想的なのです。

動物愛護法でも、子犬・子猫の8週齢未満での販売を禁止する方向ですね。

たしかに、小さい方が可愛い(*´ω`*)ので、売る方も買う方も早期に受け渡しを望む傾向がありましたが、そんな状況に専門家たちが警鐘を鳴らし、法律改正に至ったということですね。※

そして、この時期に人間とふれあう機会が多いほど人懐こく育ちます。

・野良猫ちゃんの子猫は人馴れしにくい=人間とふれあう機会が少ないため

・ペットショップの子は人懐こい=大勢のスタッフにお世話されるため

ということです(^-^)

また、この時期に女性しか触れ合う機会がなかった子は、ずっと「男の人こわーい(>_<)!!」になることも。
人馴れに関しては、猫ちゃんの方が顕著ですね。

では、親兄弟と早く離されてしまった場合、どうなるのでしょう。

まず、遊びの加減が分からなくて強く甘噛みをしたり、攻撃的に思える遊び方をする子が出てきます。
また、コミュニケーションの仕方がわからず、先住の犬・猫やお友達犬とうまく仲良くできなかったり。
充分にお母さんの愛情をもらえなかった場合、不安傾向の強い子になるともいわれます。
体も弱く病気になりやすい傾向にあります。

また猫ちゃんでは、毛布をモミモミして、ちゅーちゅー吸う行動も良く見られます。

モミモミ動画

これはうちの子です。かわいいでしょ?(親バカ)

これは にゃん!コラム にゃんばー.4 をお読みの方はご存知の通り、お母さんのおっぱいを飲むときの行動なのですが・・・
過剰に毛布などを吸う行動は「ウールサッキング」といい、毛布を食べて腸を詰まらせてしまうなど問題行動となります。

これらは幼少期の環境によって出てくることの多い問題です。
保護した子には特に多いかもしれませんが、これは仕方のないことですよね。

決して、わんちゃん猫ちゃんが悪いわけではないので理解してあげてくださいね。

まだ小さいうちにおうちに来た!という場合は、その後の過ごさせ方を工夫することで問題を予防することもできるでしょう。

もし困った行動の対策・予防について知りたい場合は当院にご相談下さい(^-^)

 

そしてちょっと余談ですが、

おもしろいことに、猫ちゃんでは人懐こさはパパに似ると言われています(=^x^=)
パパ猫が警戒心の強い子だと子猫も馴れにくく、パパがフレンドリーだと子猫も比較的人懐こい子になるそうです。
パパの遺伝+ママの教育、で性格が作られていくんですね。

そして、妊娠中のお母さんの状態も、子猫・子犬の性格に影響を与えます。
妊娠中にお母さんが
・栄養状態が悪かったり
・ストレスが高かったり
すると、産まれた子の性格が不安の強い子になりやすい、と科学的に証明した報告があります。

不安の強い子になると何が問題なのか?
怖がりな性格は、消極的になって生活を楽しめなかったり、過剰な吠えや攻撃行動などの問題行動を引き起こしやすいのです。

ブリーダーさんを選ぶときは、お母さん犬が快適に生活しているかどうかもチェックしておくと良いですね!

みなさんは、おうちの子がどのような子犬・子猫期を過ごしてきたかご存知ですか?
もちろんお家に来てからの環境も性格に大きく影響しますし、もともとの性格もそれぞれですから、どんな幼少期でもまずいということはありません。

お家に来てから愛情たっぷり育ててあげれば大丈夫です!

ただ、こんな幼少期を過ごしていたから、この性格なのかもしれない、と理解してあげることは大切です。

もし、これからわんちゃん、猫ちゃんを飼われるご予定の方は、ぜひ子犬・子猫期の環境も気にかけてみて下さいね(*^^*)

 

※8週齢規制は、現在はまだ緩和措置で49日未満の展示販売を禁止するにとどまっています。