こんにちは。
相変わらずカメより遅い・・・といったらカメさんに失礼なくらい、ゆっくり更新のわん!コラムです。

今回は、わんちゃんの認知症についてです☆

人もわんちゃんも高齢化社会となっており、来院される患者様も多くが10歳以上のシニアのわんちゃん、という今日このごろ。

体の病気と併せて気にしてあげたいのが、認知症、いわゆる「ぼけ」です。

体の病気に比べると、認知症は命に関わることは少ないですが、わんちゃんのQOL(生活の質)が下がったり、お世話が大変になることは確かです。

おトイレがわからなくなっていつも失敗、狭いところに挟まって動けなくなる、飼い主さんを認識できなくなる、夜鳴き、うろうろうろ一日中徘徊する、徘徊のあげく外に出てしまい迷子に・・・

想像すると、結構大変ですよね(^^;)

これらは比較的進行した「認知症」の症状ですが、そこまでの症状はなくともシニアのわんちゃんの多くは予備軍と言われています。

よくよく考えてみると、若い頃より頭のキレが悪くなったような・・・そんな感じは認知機能低下のサインです!
たとえば、若いときはピシッとオスワリができたのに、最近なかなかできない。
なんだか落ち着きがなくうろうろしたり、ぼーっとしていることがある。

などなど。

気になる方はぜひ、認知機能チェックもやってみて下さいね。

認知症チェックをしてみませんか?

 

そして、(ココが大事!!)

認知症は、なにより予防が大切!!

夜鳴きなど明らかな症状が出るほど進行した場合は治療が難しいのが現状です。

 

と、いうわけで、予防ってどうしたらいいの??

→人間と同様、食事や生活習慣がキーポイントです!

 

1.抗酸化物質の入ったゴハンで、脳の老化を抑えます

DHAやEPAのほか、豊富な抗酸化成分が配合されているフードが有効です。

おすすめはこちらです。

*写真をクリックすると大きく表示

ヒルズ サイエンスダイエットPRO 健康ガード 脳

IMG_6769

 

 

 

 

 

ヒルズ サイエンスダイエットPRO 健康ガード アクティブシニア(新発売)

IMG_6770

 

 

 

 

 

メーカーの回し者ではないですよ(笑)
今のところ、認知症予防に科学的根拠がきちんとあるゴハンがこちらなのです。

食べ始めて2週間~2ヶ月程度で、「ぼんやりしていたわんちゃんが生き生きしてくるのが分かる!」という方が多いです。

※ヒルズ社のフードは、一時期は保存料や味の問題で評価が…なんてこともあったようですが、現在は改善されています。食べなかったら返金の保証もあるので安心してお試しできますね☆

ちなみに、フードは猫ちゃん用(=^ェ^=)もあります。

もし処方食を食べている、食事にこだわりがある、という場合はサプリメントが使えます(^-^)
メイベットDCなど

IMG_6772

 

 

 

 

 

フードもサプリメントも、当院でお出しできますので気になる方はご相談下さい。
※健康ガードアクティブシニアはイオンペットのお店の限定販売

2.生活に刺激を
人間も同じですが、刺激がなく退屈な毎日は認知症のリスクを高めます。
あそび、お散歩、ふれあい、頭を使うおもちゃ(知育トイ)などで生活に刺激を与えることが認知症予防になり、何よりわんちゃんにとって毎日がより楽しいものになります。

知育トイってこんなもの。頭を使ってオヤツをゲットするおもちゃです。

たーのしーーぃ!

IMG_3813 IMG_3814

 

 

 

 

 

お家のわんちゃんには「元気で長生き」して欲しいものです(^-^)

体の健康と一緒に、頭や心もしゃっきり元気でいてもらえるといいですね。
気になることがあれば、お気軽に当院にご相談ください!

ではまた次回。