茨城県下妻市の動物病院です 19時(夜7時)まで診療 土日も診療  動物にやさしい診療を心がけています。 犬、猫 眼科 皮膚科 行動診療 しつけ 動物看護師募集中             下妻市、つくば市、八千代町、古河市、筑西市、常総市、坂東市、結城市、桜川市

避妊・去勢手術はしたほうがいいの?

  • HOME »
  • 避妊・去勢手術はしたほうがいいの?

〈避妊・去勢手術のメリット、デメリットと手術の方法〉

わんちゃん、猫ちゃんの避妊・去勢手術は、近年かなり一般的に行われるようになってきました。
子供を産ませないためというよりは、病気の予防ために行う飼い主様が多くなっています。

避妊・去勢手術は病気の予防に関して大きなメリットがあり、動物病院でも若いうちに行うことをおすすめしています。ただし、健康な動物とはいえ全身麻酔をかけての手術であり、リスクやデメリットが全くないわけではありません。
避妊・去勢手術に関して正しく理解し、ご家族で相談して決めるようにして下さい。

【メリット】
中高齢になって起こる病気の予防ができる
犬(女の子): 乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など
犬(男の子): 肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、精巣腫瘍、前立腺肥大など
猫(女の子): 乳腺腫瘍、子宮蓄膿症など
猫(男の子): 精巣腫瘍など

これらの病気は避妊・去勢をしていないと高い確率でおこります。
命に関わる病気も多く、また治療に手術の必要なものが殆どです。
高齢になり、病気になってからの手術は負担もリスクも高くなります。若いときの予防的な手術がとても大切です。

特に女の子の乳腺腫瘍(いわゆる乳がん)は、犬では初回発情前に避妊手術をすれば99%予防できますが、1回目の発情後にすると予防率92%、2回目の発情以降に手術をした場合は予防率は74%(避妊しても約4頭に1頭は乳腺腫瘍になる)と報告されています。

猫でも初回発情前の避妊手術で乳腺腫瘍が約90%予防できますが、1歳を過ぎてからの手術では予防率はわずか11%となってしまいます。避妊していない猫では、乳腺腫瘍の発生率が避妊している猫の7倍との報告もあります。猫の乳腺腫瘍は9割以上が悪性で、手術をしても再発が多く死因になることも稀ではありません。
このため、女の子では特に、若いうちに避妊手術を行うことが推奨されています。

病気の予防以外のメリット
・望まない妊娠を防止できる
※避妊・去勢をせずに猫を屋外で自由にさせることは、近隣で飼われている猫とのケンカや交配の可能性があり、ご近所トラブルや病気の蔓延の原因となります。マーキングや鳴き声が近所迷惑となればその子が嫌われてしまいます。
お家の子のためにも、外に出す場合は責任を持って避妊・去勢手術をしてください。

・発情出血(犬・女の子)や、大きな鳴き声(猫・女の子)にわずらわされない
脱走やケンカが減る(犬・猫とも。主に男の子)→ 交通事故にあったりケンカで怪我をする機会が減る
・発情後の偽妊娠症状(妊娠していないのに乳房が張ったり乳が出る、巣作りや子育てのまねをする、怒りっぽくなる等)がなくなる(犬・女の子)
・マーキング(粗相)(猫・とくに男の子)をしなくなる
※マーキングをすでにしている場合、改善しない場合もあります。

・動物自身のストレスが減る
縄張り意識や発情により、ピリピリ気を張っている状態はストレスになります。また、発情期に魅力的な女の子たちが誘ってきても自由に欲求を満たせない状態は、男の子にとって非常にストレスです。避妊・去勢をすることで時期にかかわらず穏やかに過ごせるようになります。

【デメリット】
・交配・出産ができなくなる
・全身麻酔での手術なので、麻酔事故(麻酔中の死亡・後遺症など)がおこる可能性が全くないと言い切れない
・術後はホルモンバランスの関係で太りやすくなるので、食事管理など注意が必要になる

【手術方法(当院での場合)】
女の子(犬・猫共通):お腹の中にある卵巣と子宮を取り出します。
おへその下(猫はもう少し下)に数センチの傷ができます。
溶ける糸で、外から糸が見えないように縫いますので、抜糸は必要ありません。
アレルギー反応の起こりにくい糸を使用しています。

男の子(犬:左右両方の精巣を取り出します。
陰嚢(精巣が入っている袋)はそのまま残ります。
包皮の真ん中付近に数センチの傷ができます。
女の子と同様、抜糸は必要ありません。

※潜在精巣の場合は、鼠経部では後ろ足の付け根付近の皮膚を、腹腔内ではお腹を切開して精巣を取り出します。
通常の去勢手術に比べ、傷が2か所になることがあり費用も変わります。

男の子(猫):左右の精巣を取り出します。
陰嚢の真ん中に1~2センチ程度の傷ができます。

基本的に、手術で性格が変わることはありません。
*感染防止のため切開する部分の周辺の毛を刈りますが、大体2か月ほどで元通りに毛が生えます。
*手術時に傷の周りの毛が黄色く着色することがありますが、消毒液の色であり数日で消えます。
*特に猫の女の子で傷周囲が術後一時的にしこりになることがありますが、問題のない体の反応であり数週間~数か月でなくなります。
*取り出した子宮・卵巣/精巣は、基本的に飼い主様にお見せしておりませんが、確認をご希望の方はお預かりの際に獣医師にお伝えください。実物もしくは写真でお見せすることが可能です。

*予約・当日の流れについては「避妊・去勢手術の流れ」をご覧下さい。

ホームページに戻る


※乳腺腫瘍の発生率に関しての参考文献:初心者のための実践外科学 チクサン出版社

電話番号 TEL 0296-30-1311 9:00~12:00・15:00~19:00(水曜・月曜午後・祝祭日午後休診)

※祝日の午前中は診療を行っています。青色は本日の日付です。※10月19日の午後は16:30受付終了となります。




↑当院のLINE公式アカウントです
 臨時休診のお知らせや限定クーポンを配信します
 LINE IDは @okg3431a となります!




稲川動物病院 facebook

↑稲川動物病院のfacebookはこちら!

リンク


どうぶつの総合病院
↑夜間救急および二次診療はこちらをご紹介しています


キャットストレス.COM

求人情報

PAGETOP
Copyright © 稲川動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.