茨城県下妻市の動物病院です 19時(夜7時)まで診療 土日も診療  動物にやさしい診療を心がけています。 犬、猫 眼科 皮膚科 行動診療 しつけ 動物看護師募集中             下妻市、つくば市、八千代町、古河市、筑西市、常総市、坂東市、結城市、桜川市

子猫を保護したら

  • HOME »
  • 子猫を保護したら

≪子猫を保護した、拾ったら、どうしたらいいの?≫

・保護する前に: 子猫が健康そうで、特に危険な場所でもなければ、近くに母猫がいないか少し様子を見ましょう。母猫と移動の途中だったり、少し遊びに出ているだけかもしれません。

*保護したら
まずは健康状態をチェックしましょう。

ポイント: 元気・食欲はあるか、目ヤニ、鼻水、くしゃみなどがないか、顔や耳が汚れていないか、痩せていないか、下痢をしていないか(お尻が汚れていないか)、怪我をしていないか、皮膚・毛はきれいか etc.IMG_0085
異常があればすぐに動物病院に連れて行きましょう。

・お家に保護する場合、まずはケージか、這い出られない段ボール等に子猫の居場所を作ります。
寄生虫の駆除をするまでは、部屋を自由にしたり人の布団に入れることは避けましょう。

・子猫は体温調節が苦手なので、室温を28℃くらいに保つか、寒ければ毛布や湯たんぽ等で保温して下さい。低温やけどを避けるため、湯たんぽやヒーターから離れることもできるようにして下さい。湯たんぽは、ペットボトルに熱いお湯を入れタオルでくるんだもので大丈夫です。

・自力でフードを食べられる月齢ならトイレで排泄ができます。子猫が入れるくらいの浅いタッパーなどにトイレ砂をいれてあげましょう。

・食べ物はドライフードや缶詰など、子猫用のものを用意してください。歯が生えていて、離乳していれば自力で食べられます(1.5か月~2か月齢以上)。ドライフードはふやかしても良いでしょう。食事の回数は一日に3~5回程度です。
※痩せている子猫は一気に食べさせると具合が悪くなることがあります。はじめの2~3日は少しずつ与えましょう。

・人が飲む「牛乳」は犬猫では下痢の原因になるので与えないでください。IMG_4581

・離乳していない(歯が生えていない)赤ちゃん猫の場合は哺乳が必要です。猫用ミルクを犬猫用の哺乳瓶やシリンジなどで与えます。

猫用ミルクも、生まれてすぐから使える哺乳用と、離乳後や成猫に与える補助食品がありますので間違えないように注意が必要です。
ミルクの与え方、排泄のさせ方はwebなどで調べるか、動物病院に相談しましょう。

・自宅で飼育が困難な場合は、里親さんを探してあげましょう。

<早めに動物病院に連れて行きましょう>

・子猫は体力がないため、少しの体調不良でもみるみる悪化して亡くなってしまうことが珍しくありません。
少しでも異常があるようならすぐに病院に連れて行きましょう。

・健康な子猫であっても、お外にいた猫ちゃんはノミやお腹の虫がいることが殆どです。
それらは先住犬猫ちゃんがいればうつりますし、人間にも害がありますので早めに検査・駆除することが必要です。

・先住猫ちゃんがいる場合、特にその子がワクチンを接種していない場合は、病気がうつる可能性があります。直接会わせるのは子猫ちゃんの病気の検査や駆虫、ワクチンが済んでからにしましょう。

・月齢によって食事内容やワクチンの予定などが違ってきますので、動物病院で生後どのくらいか見てもらいましょう。IMG_6009

・当院では、保護猫ちゃんであっても通常通りの診療料金をいただいております。
保護される場合は、その子猫ちゃんに関して責任を持っていただけますようお願いします。
(費用が心配な場合はその旨を獣医師にお伝えください。ご予算に応じて処置内容をご相談させていただきます)

・子猫ちゃんのお預かりは、所定の預かり(入院)料金がかかります。
料金に関しては、ご来院時もしくはお電話でお問合せ下さい。

*必要な検査やワクチン等については「猫ちゃんを新しくお家に迎えたら」をご参照下さい

ホームページに戻る

電話番号 TEL 0296-30-1311 9:00~12:00・15:00~19:00(水曜・月曜午後・祝祭日午後休診)

※祝日の午前中は診療を行っています。青色は本日の日付です。※10月19日の午後は16:30受付終了となります。




↑当院のLINE公式アカウントです
 臨時休診のお知らせや限定クーポンを配信します
 LINE IDは @okg3431a となります!




稲川動物病院 facebook

↑稲川動物病院のfacebookはこちら!

リンク


どうぶつの総合病院
↑夜間救急および二次診療はこちらをご紹介しています


キャットストレス.COM

求人情報

PAGETOP
Copyright © 稲川動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.