茨城県下妻市の動物病院です 19時(夜7時)まで診療 土日も診療  動物にやさしい診療を心がけています。 犬、猫 眼科 皮膚科 行動診療 しつけ 動物看護師募集中             下妻市、つくば市、八千代町、古河市、筑西市、常総市、坂東市、結城市、桜川市

ワクチンで予防できる病気(犬)

  • HOME »
  • ワクチンで予防できる病気(犬)

<ワクチンで予防できる病気>

わんちゃんに必要なワクチンは、大きく分けて混合ワクチン狂犬病ワクチンの2種類です

【混合ワクチン】
混合ワクチンは、わんちゃん同士でうつり易い感染症や、死亡率の高い感染症の予防をするものです。
接種は任意ですが、接種しておくことをお勧めします。
特に子犬・老犬は免疫力が弱く感染症にかかりやすいためワクチン接種は大切です。
予防できる病気の種類によって、3種混合、5種混合、8種混合などがあります。
地域によって発生しやすい病気が違うこともあり、動物病院によって取り扱いワクチンが違います。

*当院では8種混合になります
8種混合ワクチンで以下のような病気が予防できます。IMG_6031
(レプトスピラが2種類入っているため、計8種類となります)

・犬ジステンパー
死亡率の高い病気です。
高熱、目ヤニ、鼻水が出て、元気や食欲がなくなり嘔吐・下痢もします。
進行すると神経がおかされ、麻痺などの後遺症が残ることがあります。

・犬伝染性肝炎
発熱、腹痛、嘔吐、下痢症状がみられ、眼が白く濁ることもあります。
生後1年未満の子犬では、全く症状を示さずに突然死することがあります。

・犬アデノウイルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
発熱、食欲不振、くしゃみ、鼻水、短く乾いた咳がみられ、肺炎をおこすこともあります。
他のウイルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。

・犬パルボウイルス感染症
激しい嘔吐、下痢を起こし、食欲がなくなり、急激に衰弱します。
重症になると脱水症状が進み、短時間で死亡することがあります。
伝染力が強く、死亡率の高い病気です。

・犬パラインフルエンザウイルス感染症
カゼ症状がみられ、混合感染や二次感染がおこると重症になり死亡することもあります。
伝染性が非常に強い(うつりやすい)病気です。

・犬レプトスピラ感染症
郊外や山、田んぼ、川など自然の多い所では感染の機会があります。IMG_6020
いくつかのタイプがあります。
<イクテロヘモラジー型>
発熱、嘔吐、黄疸、歯肉からの出血などがみられます。
<カニコーラ型>
発熱、筋肉痛、脱水症状などが現れ、尿毒症になり2~3日以内に死亡することもあります。
人間にもうつる病気です。

・犬コロナウイルス感染症
成犬の場合は軽度の胃腸炎で済むことが多いですが、犬パルボウイルスとの混合感染では重症化することも。
子犬の場合は嘔吐と重度の水様の下痢をおこします。

【狂犬病ワクチン】
狂犬病は、犬・人だけでなくすべての哺乳類に感染し、発症すればほぼ100%死亡する恐い病気です。
犬の飼育者は、飼い犬に狂犬病予防接種をすることが法律で義務付けられています(違反で罰金あり)。

※本サイトでは「ワクチン接種」と「予防接種」は同義として使用しています
*参考:phizer Animal Healthホームページに戻る

電話番号 TEL 0296-30-1311 9:00~12:00・15:00~19:00(水曜・月曜午後・祝祭日午後休診)

※祝日の午前中は診療を行っています。青色は本日の日付です。※10月19日の午後は16:30受付終了となります。




↑当院のLINE公式アカウントです
 臨時休診のお知らせや限定クーポンを配信します
 LINE IDは @okg3431a となります!




稲川動物病院 facebook

↑稲川動物病院のfacebookはこちら!

リンク


どうぶつの総合病院
↑夜間救急および二次診療はこちらをご紹介しています


キャットストレス.COM

求人情報

PAGETOP
Copyright © 稲川動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.