下妻市の動物病院

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくいただくご質問をまとめました。

・診察について
・料金について
・ご来院・アクセス
・処方について
・避妊・去勢について
・その他

【診察について】

Q:予約が必要ですか?
A:手術(避妊去勢・歯石除去含む)、専門医診療(皮膚科・眼科)、行動診療、しつけ教室は完全予約制です。
通常の診察やワクチン接種などは、予約の必要はありません。診察時間内にご来院ください。

Q:眼科・皮膚科はいつでも診てもらえますか?
A:眼科の診察日は2週間に1回(原則金曜午後)、皮膚科の診察日は月に1回(土曜日)です。
その他の日は専門医はおりません。
また、専門医診療は完全予約制、紹介制です。
かかりつけの動物病院からご紹介いただくか、まず当院の一般診療を受診して下さい。
病状によっては一般診療のみで対応可能な場合もあり、また専門医への引継ぎもいたしますので、まずは一般診療日にご来院ください。

専門医診療についてはこちら →専門医診療について 
直近の専門医診療日はこちらでご確認ください →今月の休診日、獣医師出勤日程

Q:ぐったりしていてすぐに見てほしいです
A:診療時間内であれば、すぐにお連れ下さい。余裕があれば来院前にお電話をいただけるとスムーズです。受付の際に、緊急の旨をスタッフにお伝え下さい。優先的に診察させていただきます。
※獣医師によりそれほど緊急性が高くないと判断された場合は、順番をお待ちいただく事もあります。

Q:野良猫も診てもらえますか?
A:人に慣れていなくても、体が汚れていても、遠慮せずにお連れ頂いて大丈夫です。
あまり慣れていない猫ちゃんは、逃走防止のためしっかりしたキャリーケージ等に入れてお連れ下さい。
恐がりな子は、周りが見えないようキャリーに布等をかけると落ち着きやすいです。
問診時に、慣れていない旨を看護師にお伝えください。

Q:夜間・休診日にも対応してもらえますか?
A:申し訳ありませんが、夜間および休診日は原則として対応できかねます。
夜間救急は埼玉県川口市のどうぶつの総合病院(21:00~24:00)をご案内しています。

どうぶつの総合病院

Q:往診に来てもらえますか?
A:申し訳ありませんが、往診は原則として行っておりません。

Q:診察の予約はできますか?
A:現在、一般診療の予約はお受けしておりません。診察はご来院順(受付順)となります。
来院前にお電話で混雑具合をご確認いただいてもかまいませんが、急に混雑することもありますのでご了承下さい。

Q:男の先生/女の先生は選べますか?
A:常勤で院長(男性)、平沼(女性)がおります。
動物の性格上などで、獣医師の性別のご希望がございましたら問診の際に看護師にお伝えください。
看護師は全員女性です。皮膚科、眼科担当医も女性となりますのでご了承ください。

Q:診察・処置は見せてもらえますか?
A:はい、一般診療では通常飼い主様に立ち会っていただいております。
一部の検査(レントゲン検査など)は検査機器の移動ができないため、動物をお預かりしての検査となります。
また、飼い主様が見えると動物が甘えてしまいスムーズに処置が行えない場合は、お預かりさせていただく事があります。
眼科・皮膚科の診察では、検査内容をご説明の上、動物をお預かりして検査・処置をする場合があります。

Q:うちの子が注射されたりするところを見たくないのですが…
A:その旨をスタッフにお伝えください。動物をお預かりして検査・処置を行い、その間飼い主様は待合室でお待ちいただく事が可能です。

Q:診察時は飼い主が犬/猫をおさえないといけませんか?
A:基本的には看護師が抱っこ・保定をいたします。
飼い主様のほうが安心する動物も多いので、簡単な診察や処置であれば飼い主様に抱っこ等をお願いする場合があります。
また、中型犬以上のわんちゃんでは飼い主様にお手伝いをお願いする場合があります。

完全にお預かりしての診察・処置をご希望の場合は、その旨をスタッフにお伝え下さい。


【料金について】

Q:どれくらいお金がかかりますか?
A:診療料金についてはこちらをご覧ください →診療料金・ペット保険について

Q:クレジットカードは使えますか?
A:クレジットカード、デビットカードがご利用いただけます。

Q:ペット保険は使えますか?また、病院で加入はできますか?
A:ペット保険についてはこちらをご覧ください →診療料金・ペット保険について
当院では保険のご案内・加入手続きはできません。ご自身でお調べいただき、各保険会社にお問合せ下さい。

Q:保護犬、保護猫、野良猫は安く診てもらえますか?
A:お連れ頂いた方を飼い主様とみなし通常通りの料金をいただいております。
避妊・去勢手術に関しても同様です。
保護した子や野良ちゃんでも、飼い犬/猫と扱いに差をつけることはできませんので、ご理解ください。


【ご来院・アクセス】

Q:病院はどこにありますか?
A:当院の所在地はアクセスをご覧ください。

Q:駐車場はありますか?
A:はい、8台ございます。当院敷地以外への駐車は、近隣の迷惑となりますので絶対にされませんようお願いします。

Q:電車・バスで行けますか?
A:最寄駅は関東鉄道常総線の下妻駅または宗道駅となりますが、いずれも当院まで徒歩15~20分の距離があります。駅からはタクシー等のご利用をお勧めします。

Q:猫はどうやって(何に入れて)連れて行けばいいですか?
A:しっかり蓋の閉まる「猫ちゃん用のキャリーケージ」が最適です。ペットショップやホームセンターで購入できます。
横だけでなく上側も開くものがおすすめです。蓋の弱いかごや、完全に閉まらないものはお避け下さい。
緊急でケージがない場合は、大きめの洗濯ネットに猫ちゃんをいれ、さらに段ボール等(空気穴を開ける)に入れて飛び出さないようにしてお連れ下さい。どんなにおとなしい子でも、抱っこでのご来院は絶対におやめください
こちらもご参照下さい →ご来院の前にご覧ください

Q:うちの子は他の動物が苦手なので、外もしくは車で待っていてもいいですか?
A:大丈夫です。受付時にスタッフにその旨をお伝えください。順番が来たら呼びに伺います。
動物だけを車内におく場合は、熱中症などの危険がありますので必ず温度管理をして下さい。可能な限りどなたかが見ているようにして下さい。

Q:待ち時間はどのくらいですか?
A:混雑具合や処置内容によって異なります。
あまりお時間がない場合は、その旨をスタッフにお伝え下さい。迅速な対応を心掛けておりますが、ご来院順にお呼びしておりますのでご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

Q:いつが空いていますか?
A:金曜日、日曜午後は比較的空いています。
時間帯としては、診療開始すぐ(9:00~、15:00~)および夕方17:00以降が混雑しますので、その時間を避けていただきますと比較的空いています。
※フィラリア・狂犬病予防期間(4~6月)は、全体的に混雑します。


【処方について】

Q:お薬だけ出してもらえますか?
A:獣医師法により、原則として動物を診察せずにお薬を処方することはできません。
一部のノミ・マダニ予防薬は体重が分かればお出しできます。

Q:フード・サプリメントや継続中のお薬だけ取りに行きたいのですが、待たずに買えますか?
A:フード、サプリメントは取り寄せになります。事前に来院もしくはお電話でご注文いただき、入荷後に取りにいらして頂くシステムとなります。
お薬に関しては事前にお電話をいただければ、獣医師に確認後、ご用意しておくことができます。
受付での会計対応は、診察の患者様を含めご来院順となりますのでご了承下さい。


【避妊・去勢手術について】

Q:避妊・去勢手術はしたほうがいいのですか?手術なんてかわいそうな気がします。
A:こちらをご参照ください →避妊・去勢手術はした方がいいの?

Q:元気すぎてよく騒ぐ犬は、去勢をするとおとなしくなりますか?
A:避妊・去勢手術をしても、基本的に性格は変わりません。ホルモンによる闘争本能は少なくなるので、その点で多少の効果がみられることはありますが、期待するほどでないことが多いです。
避妊・去勢手術について詳しくはこちらをご覧ください →避妊・去勢手術はした方がいいの?

Q:避妊手術を予約しましたが猫が捕まりません。
A:前日・当日のキャンセルも可能ですのでお電話下さい。キャンセル料はかかりません。
※無断キャンセルはご遠慮ください。

Q:雌猫/犬のお腹が大きくなってきました。妊娠ですか?どれくらいで産まれますか?
A:猫の妊娠期間は約2か月です(犬も同様)。見た目でお腹が大きくなってくるのは通常出産の2~3週間前ですが、胎仔の頭数によっては直前まで分からないこともあります。後期には乳頭(おっぱい)が目立ってくることが多いです。
なかには病気や寄生虫でお腹が張ってくることもあります。
妊娠かどうかは触診や超音波検査で分かります(妊娠初期では分からない場合もあります)。

Q:妊娠猫の避妊手術は可能ですか?
A:妊娠していても避妊手術は可能ですが、倫理上、妊娠してしまう前に避妊手術をすることが望ましいです。
猫ちゃんは交尾排卵の動物なので、非常に妊娠しやすいです。発情が来る前(約7か月齢)に早めに避妊手術をしましょう。

すでに妊娠しており、やむを得ず避妊手術をする場合はできるだけ早いうちに行うほうが良いでしょう。
妊娠猫の避妊手術は追加料金がかかります(胎仔の埋葬料)。また、通常より少し手術の傷が大きくなります。

Q:発情中でも避妊手術はできますか?
A:可能です。ただし特にわんちゃんの場合、発情前期(出血のある時期)~発情期(出血が終わって約10日間)は手術時に出血しやすくなります。急ぎでなければ、発情期が終わって少し経ってからの手術が好ましいです。

Q:出産後に避妊手術をする場合、いつからできますか?
A:子猫/子犬が離乳し、母猫と丸1日離れても子猫/子犬の食事・安全が確保できるようであれば可能です。出産後2か月くらいが目安です。


【その他】

Q:病院におやつを持って行ってあげてもいいですか?
A:はい、大丈夫です。わんちゃん/猫ちゃんの緊張を和らげ、病院嫌いにならないためにもおすすめします。
ただし、待合室では他の患者様へのお気遣いをお願いいたします。(絶食の指示を受けていたり、アレルギーなどで自由におやつを食べられない子もいます)。待合室や駐車場の床におやつを落としてしまったら、必ず拾って下さい。

Q:検査設備はなにがありますか?
A:院内検査機器として、血液検査機器(血球計算、血液化学、CRP、甲状腺ホルモン・副腎皮質ホルモン検査)、レントゲン検査装置、超音波検査装置、内視鏡、眼科検査機器(細隙灯顕微鏡、眼圧計)、顕微鏡などがあります。
その他、手術モニターや各種検査キットを揃えております。

院内でできない検査は、採取した血液などを外部検査機関に送って行っています。
また、CT、MRIの撮影等が必要と判断した場合は、設備のある病院をご紹介させていただきます。

Q:注射は痛いですか?
A:細い針を使用し、なるべく痛くないように注射をしていますが、痛みの感じ方には個体差があります。
また、注射薬の種類や注射部位によっては少ししみる場合があります。
オヤツが好きな子は、食べながら注射するとほとんど痛がりません。

Q:猫スタッフは普段どこにいるのですか?会えますか?
A:猫スタッフ達は、時間帯により医局もしくは各自のお部屋で過ごしています。
診察室から見えるところにいることもありますので、会えたらラッキー?!
スタッフ以外にはあまり慣れていない子も多いので、直接のふれあいはご遠慮いただいております。

Q:旅行に行くので、その間動物を預かってもらえますか?
A:当院の患者様で、ワクチン・ノミ予防等をきちんと行っている方のみ、ペットホテルでのお預かりができます。
ただし、病院であるため入院動物が優先となります。お部屋の空きがない場合はお断りすることがあります。
体調に不安がある場合は、入院扱いでのお預かりとなります。
完全予約制となりますので、ご希望の場合は事前にお問い合わせください。

Q:飼っていた動物が亡くなりました。どうしたらいいですか?
A:まずは、悲しい気持ちを我慢せずじゅうぶんにお別れをしてあげて下さい。
供養の仕方は特に決まりはありませんが、人と同じように火葬をして供養される方が多いです。
お近くの地域のペット葬儀屋さんを探して、対応時間や内容(立会、一任など)、料金等を問い合わせてみて下さい。
当院でも2件ほどご紹介できます。
また、当院にかかったことのある患者様は、落ち着いてからでも結構ですのでご一報下さい。

その他ご不明な点は、診察時間内にお電話でお問合せ下さい。
TEL 0296-30-1311
診療時間 9:00~12:00, 15:00~19:00 (休診:水曜, 月曜午後, 祝日午後)

ホームページに戻る

 

電話番号 TEL 0296-30-1311 9:00~12:00・15:00~19:00(水曜・月曜午後・祝祭日午後休診)

※祝日の午前中は診療を行っています。青色は本日の日付です。




↑当院のLINE公式アカウントです
 臨時休診のお知らせが配信されて便利です
 LINE IDは @okg3431a となります!




稲川動物病院 facebook

↑稲川動物病院のfacebookはこちら!

リンク


どうぶつの総合病院
↑夜間救急および二次診療はこちらをご紹介しています


キャットストレス.COM

求人情報

PAGETOP
Copyright © 稲川動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.